Archive for 6月, 2016

食材宅配サービスの安全性・放射能検査の取り組みは?

6月 6th, 2016

近年特に取り上げられることが多くなってきたのが、食品の放射能対策です。
食材宅配ではそれぞれ会社ごとに独自の放射能検査を行っていて、国よりも厳しい自主規定値を設置して食の安全を宣言しています。

同じ食材宅配でも放射能対策や安全基準は異なっています。
放射性物質に対する自主規定値や産地、放射能検査や情報公開などです。

政府の基準値とは違う独自の自主規定値を設定し、基準値以下の商品を届ける会社もあります。
自主規定値は会社によって数値や品目も違っています。

それぞれサービスを比較すると、それぞれの放射能への取り組みが違うことがわかります。
放射能の影響が少ない食材を選びたい時や、子供などに放射能の危険がない食材を食べさせたり時には主に三つの選択があります。

自主規定値が最も低い設定になっている会社、放射能の影響が少ない西日本や九州、北海道に産地を限定、生産地関係なく放射能不検出の食品を選ぶ方法です。

自分が最も優先させたいポイントを確認しておくとサービスも選びやすいです。

食材宅配は、食品に対しての流通が優れていることがあげられます。
日本だとBSE問題や事故米問題から、牛肉や米にはトレーサビリティが義務化されていますが、他の食材では義務化されていません。

大手のスーパーなどでもわかるのは産地ぐらいです。
食材宅配では、会社によっては食品の産地以外にも生産者情報や生産するまでの過程などの情報も公開しています。

放射能に関しても自社検査や外部依頼検査を実地していて、食品の安全性の確保にかなり努力していて大手スーパーとはかなり違っています。

食材のトレーサビリティを確保してから、放射能検査を行っている食材宅配は他と比べても安全性が高いと言われています。

検査をする機器は高額なため検査をするにもコストがかかります。
検査は外部の公的機関にも依頼出来ますが、検査の結果が出るまでに時間がかかり鮮度が重要な食材だと流通前に結果を判断するのが難しいです。

食材宅配では食品を提供する各社が検査を行っていますが、その体制を比較することでも安全への配慮を確認する目安になりあます。